FC2ブログ

夏のおもひで② K4GP 夏の陣

ここのところチーム代表を拝命して、HaraCarsから参加させていただいているK4GPですが、こちらもエイト祭と同様、青のエイトの夏の風物詩となってきました。

今回のドライバーは総勢六名、そのうち2名が外国人という相変わらずの異国情緒あふれるチーム構成です。
ちょっと燃費に不安のある外国人ドライバーが1名いたこともあり、今回はアグレッシブに第2ドライバー以降の全員がサブポンプを利用してピットインするというちょっとアグレッシブなチームオーダーで本番に臨みました。
この作戦なら、ほとんどのドライバーは規定の量のガソリンしか使えないので、燃費マネジメントは楽になりますが、逆に給油を空いているタイミングにできないというリスクは出てきます。

しかしアグレッシブな燃料作戦の心配は杞憂に終わります。
スタートから2時間半頃経過した第2ドライバーの運転中、事件が起こります。

なかなかピットを通過しない97号車。
不安になって電話を入れてみると、どうやら止まって牽引されてきている模様。
人間は無事とのことなので、車が戻ってくるのを待ちます。
戻ってきた97号車は、外装に問題はありませんでしたが、なんだか異臭を放ちながらガラガラいっています。

早速ジャッキアップしてオーナーの原さんが原因を探ります。
ドライバーの報告によれば、ギアが入ったり入らなかったり、最後は5速から抜けなくなってインフィールドセクション最後の上りを、半クラ使ってクラッチ滑らせながらも上りきれなくなってエンストしてしまったとのことでした。
デフ、ドラシャ、ミッションをチェックし外して、原因が一番避けたかったミッションだということが判明します。
一瞬リタイヤの文字が頭を過ります。。。。。。。。
K4GP2014夏

しかし、そこからチームマネージャーの田中さんがものすごいコミュ力を発揮。
何とものの5分で同車種で出走している他チームからスペアミッションを調達してきてしまいました。
まだ交換したばかりのオメガオイルが恨めしいですが、再び新品オメガオイルをスペアミッションに奢ります。

もう一度ミッション、ドラシャ、デフを取り付けし直し、再出走の準備が整ったのは14時頃。
何と、ピットインしてからトラブルポイントの判定、さらにはスペアの無かったミッションの調達までやって、わずか3時間半でのコース復帰となります。

急いでチームオーダーを残りのドライバーで組み直し、ピットイン計画を練りますが、幸か不幸か残りのドライバーは全員全開走行です。
雨さえ無ければむしろ普段より気持ち良く走れたのではないでしょうか。

今回は私が最終ドライバーをつとめさせていただき、燃料ギリギリでチェッカーを受けるという重責を体感するつもりだったのですが、こちらも燃料に問題なくゴール。

マシントラブルありましたが、リタイヤではなくきちんと修理してGP-3クラス41位で完走と相成りました。
何はともあれ、全員ドライブできたことは良かった良かった。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

コメント

あれっ、青木さんに「ミッション貸して」って頼んだの、私!の認識でしたが、違ったのか(笑)
まぁ、田中も一緒に居たしね(^_^;)

No title

コレは失礼いたしました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する