FC2ブログ

2013年の総決算、第30回エイトリアンカップに参加してきました

ブレーキローターくぱあの危機を直前に乗り越え、土曜日のファミラのコソ練のついでに筑波に前泊した12月14日。
エイトリアンさんはじめ、遠征組の皆様と初めてモナークに前泊して冬のエイトリアンカップを迎えました。

2013年度を締め括る今回のエイトリアンカップは、2年ぶり2度目のエイトリアンカップシリーズチャンピオンがかかった一戦です。

今回は、プラグ交換、雨宮オイル投入、LSDオイル交換、フロントブレーキパッド交換、期せずしてフロントブレーキローター交換、そしてエイトのタイムアタッカーに定評のあるグッドイヤータイヤを投入し4秒台を目指します。←カッコつけて書いてますが、全部消耗品です。

朝の気温はエイト調べで6度。モナークに停めていた車には霜が降りていました。
エイトリアンカップ30th朝

2月に5秒台を出したときはエイト調べで12度だったので気温が低く期待が持てます。

例年タイムが出る朝の1本目。
5秒台にすらなかなか入らないまま周回を重ねますが、いよいよタイムがあがってきた4周目、1ヘア立ち上がりでエンジンが吹けなくなります。
ガス欠なら普通症状が現れるのは2ヘアの立ち上がりのはず。
頭をよぎったのは触媒崩壊でした。
ただ、ダンロップを超えたあたりではまたフケが戻ります。
ん?触媒抜けた?と思い、もう一周アタックしてみましたが、またもや1ヘアで同じ症状。
これまでとは違う場所での発症ですが、このままでは2本目に不安が残るので、ガス欠を疑いピットにガソリンを入れに戻ります。
給油してコースに戻るもあえなくチェッカー。
不安を残したまま1本目を終わります。
この時点で1分5秒863でエキスパートクラス2位。

気を取り直して2本目。
いつもなら2本目はタイムが出ないので、触媒崩壊か確認作業です。
かなり余分にガソリン入れたので、これで同じ症状が出たら走行を切り上げるつもりでしたが、1ヘア立ち上がりでも症状は出ませんでした。
ガス欠だったようで一安心、アタックを続けますが、気候のせいかGoodyear RS-Sportsのおかげか、2本目にも関わらず、タイムはそこそこ出ます。
ベストタイムは更新できなかったものの、0.2秒落ちの1分5秒661が出ました。
ここでコントロールタワー確認、カーナンバー14が前に居ますが、2位をキープ。
あらら、ほかのライバルもタイムアップしたようです。
1番時計が取れなかったことよりも、自分のベストタイムがエキスパートの誰かに更新されたのではないかという不安の方が上でした。
パドックに戻ってカーナンバー14がぴあちぇいれ選手だということを確認、そしてタイムは1分5秒634。
何と100分の3秒差ではないか!

3本目は、残念ながらミセガワ選手の車両がエンジンブロー、赤旗中断となりこれでリザルトがほぼ確定しました。
エイトリアンカップ30th走行
写真提供futaさん
結果2本目のタイムがベストとなり、準優勝を獲得。
トップから2位までのとの差はわずか0.03秒、ライバルのあろーず選手はこれまた2位の私から0.03秒遅れ、1位から3位まで0.06秒という超接戦でした。

リザルトは以下。
1分5秒661 Sec1 26.841   Sec2 27.115  Sec3 11.705

そしてシリーズ戦の結果は。。。。。優勝2回、準優勝1回でエキスパートクラス年間ちゃんぴょんをいただきました。
ベストタイム更新はならなかったものの、年間チャンピオンは正直嬉しい。
エイトリアンカップ30thメダル

最後に恒例の。。。。。。エイトリアンカップ最高!!!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する