FC2ブログ

2013年の総決算、第30回エイトリアンカップに参加してきました

ブレーキローターくぱあの危機を直前に乗り越え、土曜日のファミラのコソ練のついでに筑波に前泊した12月14日。
エイトリアンさんはじめ、遠征組の皆様と初めてモナークに前泊して冬のエイトリアンカップを迎えました。

2013年度を締め括る今回のエイトリアンカップは、2年ぶり2度目のエイトリアンカップシリーズチャンピオンがかかった一戦です。

今回は、プラグ交換、雨宮オイル投入、LSDオイル交換、フロントブレーキパッド交換、期せずしてフロントブレーキローター交換、そしてエイトのタイムアタッカーに定評のあるグッドイヤータイヤを投入し4秒台を目指します。←カッコつけて書いてますが、全部消耗品です。

朝の気温はエイト調べで6度。モナークに停めていた車には霜が降りていました。
エイトリアンカップ30th朝

2月に5秒台を出したときはエイト調べで12度だったので気温が低く期待が持てます。

例年タイムが出る朝の1本目。
5秒台にすらなかなか入らないまま周回を重ねますが、いよいよタイムがあがってきた4周目、1ヘア立ち上がりでエンジンが吹けなくなります。
ガス欠なら普通症状が現れるのは2ヘアの立ち上がりのはず。
頭をよぎったのは触媒崩壊でした。
ただ、ダンロップを超えたあたりではまたフケが戻ります。
ん?触媒抜けた?と思い、もう一周アタックしてみましたが、またもや1ヘアで同じ症状。
これまでとは違う場所での発症ですが、このままでは2本目に不安が残るので、ガス欠を疑いピットにガソリンを入れに戻ります。
給油してコースに戻るもあえなくチェッカー。
不安を残したまま1本目を終わります。
この時点で1分5秒863でエキスパートクラス2位。

気を取り直して2本目。
いつもなら2本目はタイムが出ないので、触媒崩壊か確認作業です。
かなり余分にガソリン入れたので、これで同じ症状が出たら走行を切り上げるつもりでしたが、1ヘア立ち上がりでも症状は出ませんでした。
ガス欠だったようで一安心、アタックを続けますが、気候のせいかGoodyear RS-Sportsのおかげか、2本目にも関わらず、タイムはそこそこ出ます。
ベストタイムは更新できなかったものの、0.2秒落ちの1分5秒661が出ました。
ここでコントロールタワー確認、カーナンバー14が前に居ますが、2位をキープ。
あらら、ほかのライバルもタイムアップしたようです。
1番時計が取れなかったことよりも、自分のベストタイムがエキスパートの誰かに更新されたのではないかという不安の方が上でした。
パドックに戻ってカーナンバー14がぴあちぇいれ選手だということを確認、そしてタイムは1分5秒634。
何と100分の3秒差ではないか!

3本目は、残念ながらミセガワ選手の車両がエンジンブロー、赤旗中断となりこれでリザルトがほぼ確定しました。
エイトリアンカップ30th走行
写真提供futaさん
結果2本目のタイムがベストとなり、準優勝を獲得。
トップから2位までのとの差はわずか0.03秒、ライバルのあろーず選手はこれまた2位の私から0.03秒遅れ、1位から3位まで0.06秒という超接戦でした。

リザルトは以下。
1分5秒661 Sec1 26.841   Sec2 27.115  Sec3 11.705

そしてシリーズ戦の結果は。。。。。優勝2回、準優勝1回でエキスパートクラス年間ちゃんぴょんをいただきました。
ベストタイム更新はならなかったものの、年間チャンピオンは正直嬉しい。
エイトリアンカップ30thメダル

最後に恒例の。。。。。。エイトリアンカップ最高!!!
スポンサーサイト



テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

絶体絶命!ブレーキローター

こまった。
富士スピードウェイで割ってしまったブレーキローター。
翌週のエイトリアンカップまでには直さなければ、年間チャンピオンも逃してしまいます。

まずは眠い目をこすり、ほうほうの体で帰った当日、なんとか”在庫あり”のRX-8のフロントブレーキローターをア○○ンで探し当て、早速注文しました。
あとは、自走できる状態でもない上に平日の仕事終わりではプロに頼もうにもどうしようもありません。
いかんせんブレーキ周りです。
作業がすんなり進むとは限りません。
コツコツ会社から帰って作業することにしました。

初日の夜
フロントをジャッキアップ。
問題の左のくぱあローターを外しにかかります。
気になっていたキャリパーは、以前リアが外れなくて苦労したときに買っておいたメガネが役に立ち外せました。
よしよし。
次の難関、ローターを止めている皿ビスはショックドライバーを使って少々手こずりましたが、外せました。
くぱあローター

とりあえずこれで新品ローターさえ来れば最大の危機は乗り切れます。
つづいて右です。
これもキャリパーは外せましたが、、、、、、、皿ビスが外れない。。。。。。。。。
ショックドライバーでガンガンたたいても回りません。
一抹の不安を覚えますが、近所迷惑になるのでしばらく格闘してから、潤滑スプレーを噴いてそっと工具箱を閉じましたOrL。。。。

火曜日の夜
ヨメレンジャーからローターが来たとの連絡をもらい、決死の思いで2日連続定時ダッシュを敢行しました。
体力のあるうちにまずは右のローターの皿ビスを外しにかかりますがやはりびくともしません。
気を取り直して左の新品ローターを取り付けます。
これとりつけば不動車からなんとか自動車に戻せます。
。。。。ん?。。。。。あれ?。。。。。。パッドの3分の1程度しかローターに掛かっていません。。。。。。。OrL。。。。。。。
手元に届いていたのはRXー8の16インチグレードのブレーキローターだったようです。

2度目の万事休す。。。。。。。。
コソ練予定だった金曜日の筑波の走行予約を放流しましたOrL。。。。

水曜日
ローターを再注文。
皿ビスは相変わらず回りません。
ショックドライバーを持つ左手の人差し指を金槌で強打してしまいました。。。。。

木曜日
言うまでもありませんが、皿ビスは回りません。

金曜日
コソ練のための休みが、ローターを交換するための休みになってしまいました。
左側は無事に手に入れたローターで交換完了。
さて最後の難関右のブレーキローターの皿ビスです。
午前中は回らず、ネットで調べたハンダで熱する、バーナーで炙るという手法を試すもやはり回りません。
あきらめて3時の一服を終えて、久しぶりに東領家のロータリー屋に出かけようと、最後の一撃を加えたとき、ついに2つのうちの1つのビスが回りました。休憩のおかげか炙ったおかげかわかりませんがとにかく回りました。
後残り1つのビスのために、車屋さんに持っていくのも癪なので残る一つをたたきまくったら、、、、、、再び人差し指を強か打ち付けてしまいました。。。。。がなんとか2つ目のビスもついに攻略。

ちょっとした達成感と、せっかくの大の大人の休みを、皿ビス2つまわすために使った虚しさと、人差し指の痛みを感じた金曜日でした。

教訓
ショックドライバーは金槌ではなく大きめのハンマーでたたきましょう。

テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

夜のミセガワ昇天 20131年冬に参加してきました

2013年12月15日、自分の中では何となく恒例となってきた12月の富士スピードウェイの夜のミセガワ昇天に参加してきました。
いつものようにセレヴピットを利用できるのが、ミセガワ昇天inプロアイズの集客力のなせる技です。

今回は今シーズンの勝負タイヤとして導入するGoodyear RS-Sports 265/35R18の筆おろし走行も兼ねています。
富士20131215

これまで天気に恵まれなかった富士スピードウェイですが、今回は晴れ。
記念すべき、年に1度あるかないかの新品タイヤの投入初走行は、、、、、、いきなりのコカコーラコーナーでのスピン。
タイヤが暖まっておりませんでした。。。OrL。。。。

気を取り直してアタックして出したのが2分06秒946
微妙にベスト更新しました。

この日はK4GPの練習会も同日開催されており、様子を見に来てくれたさわじい選手とYamaguchi選手(女性)に見送られて、更なるベストタイム更新を目指して2本目を走り出そうとしたとき、まだサーキット歴の浅いYamaguchi選手が私のフロントホイールを見て一言「これ大丈夫ですか?」。
その後さわじい選手が私を制止。「ローターにクラックはいってるよ。」と。
「いやいやちょっとしたクラックだったら私の車はデフォですよ。」なんておりて見てみたら。。。。。。。

くぱあ〜〜〜OrL・・・・
クラック20131215


さすがに走行はあきらめました。
確かに1本目の後半ごりごり逝ってたような気がしましたが、タイヤにひもがついていたので犯人はこいつだと思っていました。

このまま走って1コーナーフルブレーキしてたかと思うと。。。。。。。ゾッとします。
Yamaguchi選手命拾いしました。ありがとうございます。

その後K4GP練習走行のお手伝いをした後、帰る頃には冷えたせいかクラックがさらに広がっており、帰りはエンジンブレーキとサイドブレーキ多用でなんとか帰り着きました。

アブナイアブナイ。。。。。。がしかし!翌週には年間シリーズチャンピオンがかかったエイトリアンカップがあるではないか!つづく・・・・
パドック20131215

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク