FC2ブログ

オープンしたてのロータリーショップで1年半ぶりのアライメント

エイトリアンさんのブログで、バーツクの近くにロータリー専門ショップがオープンするとの情報をキャッチしました。
http://real-tech.jp/
オープニングキャンペーンをやっているとのことで、エイト祭りに備えてアライメントをお願いすることにしました。
7月19日の午後に予約して早速ファミラの練習走行の後に伺ったわけですが、ファミラにきていたリョーケンさん、ヨシフミさん、あろーずさん、なぜかファミラは走っていないのに現れたKeroさんフィリップさん、そしてファミラを1本だけサラッと走って風のように消えていったはずのAkirawさんもご一緒することになり、なかなかにぎやかなショップ探訪になりましたです。

1年半ぶりにアライメントをとることになったのですが、意外や意外、縁石もそこそこ乗っているのに、乱れていたのは左のリアだけでした。←ちょっとポジ方向に起きてました。

レボ並みのアグレッシブなアライメントも期待していましたが、マツスピの足ということもあり、昔パティレ参戦時のノウハウがありますという、1年半前に城南島で聞いたのと同じ言葉を信じてお任せします。
多分セッティングしてくれたのは同じ人のはずですから当然といえば当然です。

2時間くらいで終わる予定だったアライメントですが、なにやらてこずっています。
どうやらキャスターがかなり起きているらしく、もう少し寝かせようとしてもビクともしないとのこと。
リアルテックのデモカーとAkirawさんカーを見比べて原因発見。
どうやら上側にはまっている偏心カムが前後逆向きにはまっているということが判明しました!?
え??そんなことってあるの?って感じですが、それが原因でキャンバーが起きてしまっていたようです。

結局完了するまで4時間かかってしまいました。
お付き合いいただきました皆様、リアルテックさんにメンテ頼みたかったのにあきらめたAkirawさん、そして私の後にメンテして遅くなってしまったヨシフミさん、ご迷惑をおかけいたしました(m m)
リアルテックさんの仕事の丁寧さを皆様にきちんと確認してもらえるよう、私の車の前のオーナーにトラップを仕掛けていただいておりました。。。。。。OrL

偏心カムの向きを入れ替えて、なぜかキャンバーが若干つかなくなりましたが、その分キャスターがつくことになりましたので、コーナリング中のキャンバーがこれまでよりもつくようになったのではないかと若干期待します。

ホントはもうちょっとキャンバーつけてリアをトーインにしたかったのですが、まず物理的にフロントキャンバーがこれ以上つきません。
何事もバランスということでこれでエイト祭りを迎えます。

立った数度の違いですが、キャスター寝かせてハンドルの手ごたえが少しだけ重くなりました。
後はサーキットでどうなるかです。

29日にTC1000走りに行くかまだ迷い中です。
スポンサーサイト



テーマ : 整備 - ジャンル : 車・バイク

6ヶ月半ぶりのTC1000でプチエイト祭り

エイト祭りに備えて、6ヵ月半ぶりの7月19日にTC1000に逝ってきました。
9時からスタートだと勝手に勘違いして、8時半ごろつきましたが、実はスタートは8時から。
すでに、さわじぃさんと、リョーケンさんとヨシフミさんが到着して走行していました。
久しぶりの走行なのでモタモタ準備していると、走行不能に陥る忘れ物に気がつきますた。
焦りましたが、気を取り直して筑波の事務所に向かいます。
貸してもらえないかとお願いしましたが、こんなの借りに来る人まずいないようで渋られます。
8月1日にまた来るのでそのとき洗濯して返します!と駄目押しして無理やり借りました。
で、その洗濯が終わった借り物がコレ。

バーツクトレーナー


ええ、長袖のシャツを忘れましたOrL

肝心の走行ですが、今回の走行には課題があります。
初の17インチでの走行なのですが、Myエイトはファイナル4.777なので、18インチの状態でもインフィールドのガ○ン汁コーナーの手前でピーが鳴ります。
17インチに変えたら、3速にシフトアップするかそれとももっとガマンするのかを見極めなければなりません。

まあとりあえず現時点では2速キープです。
ベストタイムの結果は43秒46。
ムムム。
去年のExpertの優勝タイムは43秒フラット。
自分のタイムは43秒5
タイヤ太くしたのにあんまり目覚しいタイムアップしてません。
8月1日が不安だ。

この日はタイムアップの秘策も施したので、そのレポはまた別の機会に。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

エンジンチェックランプ点灯その後

ちょっと報告遅くなったのですが、その後のレポートです。

エキセントリックシャフトポジショニングセンサーが怪しいとの診断結果ののちエイトを引き取ってもらって、本格的にチェックして貰いました。
しかしながらやはり怪しいのは例のセンサーらしく、交換することとあいなりました。
しかしこんな部品が不具合になりましたなんて私は聞いたことがありません。
しかもシャフトの回転数を見ているそうなのでパーツの中身は要は磁石なんだそうな。

今ひとつそんなのが原因で燃料噴射がおかしくなるなんてのも、にわかには理解できません。

が、しかし、、、、交換してからかれこれ300Km以上走っていますが不調は再現されません。

ということで、アイドリング不調に陥ってO2センサーやニュートラルスイッチをメンテナンスしても症状改善されなかったら、エキセントリックシャフトポジショニングセンサー?も疑ってみてください。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク