FC2ブログ

例のアレをナニしました

エイトリアンカップでは、Moreクラスで許してもらえなさそうなので、ついにエキスパートにエントリーしてしまいました。
ホントは225幅のうちはMoreでいきたかったんですが。。。。

でこのままでは次のエイトリアンカップでハナシにならないので、仕方なく秘蔵の魔法の靴を履くことにしました。

銘柄は、R1Rと迷いに迷ってZ1☆です。
タイヤ購入は2、3週間ほど前だったのですが、買ってからK林さんがZ1☆で次々にベストタイムをクリアしている情報を耳にして、ほっと胸をなでおろしています。
レースクラスのツワモノがかなりエキスパートに流れてきているようなので、厳しい戦いに違いはありませんが、少しは戦闘力アップにつながるでしょうか?

ホントは練習走行してアライメントをとりに行きたかったのですが、最近びっくりするくらい忙しくて、うまい具合に週末に時間が取れませんでした。
おそらく7日のファミラで練習してエイトリアンカップを迎えることになります。

Before
before

After
after

ツラはかなりアコギになりましたが、フェンダーには指2本以上入ります。
スポンサーサイト



テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

サーキットうましか3走目

パソコンがやっと復活したので、かなり遅くなりましたが、コソ練レポを。
1月11日、2日前に耐久は走ったばかりだというのにまた筑波に降り立ってしまいました。
家を出るときのヨメレンジャーの視線が痛い。

気温は8度で十分でしたが、タイムは1分8秒23。
ベスト更新ならずです。
でも、最近出ていたアンダー病を少し克服することができました。

2枠目は久しぶりのサーキット走行筑波という私のラジアル目標、さわじぃさんと遭遇しました。
パドック整列時にぴたりと後ろにつけて勉強させていただこうと思います。
が。。。。。アタック開始早々赤旗。
いち早く状況を読んださわじぃさんはすぐにピットイン。
後で聞いたら先頭に並んだそうです。
私は逆にピットインを逃して、最後部に並ぶことになります。
ここでも冷静なさわじぃさんのテクニックを目の当たりにします。

結局コミコミな上に赤旗も出たため、2枠目はまったく振るいませんでした。
エイトリアンカップまでに何か開眼したいところです。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

パソコンが壊れて

かれこれ一週間。
かなり困った。
色々調べて回復コンソールとやらでリカバリを試みるもどうやらパーティションが破損しているらしくコマンドでデータにアクセスできない。
更に調べてLinuxをCDブートしてデータだけでも救出を試みる。
パーティションを読んだり読まなかったりかなり不安定な中何とかデータは取り出せた。
今度はWindowsを再セットアップしようとするも途中で失敗。
どうやらHDDが物理的に破損している模様。
家で非常に無駄な時間をかれこれ一週間過ごしてます。
かなり困ったと携帯から初投稿してみる。

筑波コース2000 耐久3時間走行会

1月6日いつものファミラーズで、筑波コース2000で開催された3時間耐久走行会に参加してきました。
「マケターマンと愉快な仲間達」で2チーム体制です。

■Aチーム
青のエイト
トストイさん 
あろ~ずさん 
ヨシフミさん 

■Bチーム
リョーケンさん
DELさん
ハンクラ仕込みさん
ショウマン監督    

3時間耐久

ポンダーをリレーして2時間45分走る走行会という名の耐久レースです。
レースに近い形式とチームで参加するタイプの走行会は初めてなので密かに楽しみにしてました。

事前にリーダーのショウマンさんが、走行順、スケジュール割など緻密に設定してくれているので安心です。
この走行会、ちなみに参加車両によってハンデがあります。
①カタログ馬力200馬力以上=ハンデ5周
②カタログ馬力280馬力以上=ハンデ10周
③R1RやAD08等のタイヤ=ハンデ5周
その他・・
Aチームは①が該当なのでハンデ5周、Bチームは①と③が該当の為ハンデ10周でした。

さて、ドラミの後ショウマン監督が緻密に練り上げた一人2走制のスケジュールの変更案が持ち上がります。
一人40分の1走制への変更です。
ちょっと悩みますが、もし来年も挑戦するならAチームとBチームで違う作戦で臨んで、有利なほうはどちらなのか実験するというのもありだと思い、同意しました。監督すみません。

走行会開始前に完熟走行が15分あるのですが、なんと、ここでいきなりオイル散布が発生します。
完熟で!?オイル交換DIYするとこういうことも起こりやすくなってしまうのでしょうか。

8分ほど遅れて走行開始になりましたが、なんとその走行開始は完熟の開始ではなく本番走行の開始でした。
エエエ?
走行時間短くなったうえに、最初の数周をマッタリはしってしまいました。
まあ、たまたま完熟だと思ってピットロードで待っていたら走行順が本来なら後ろのほうであったにもかかわらず、結果的に前から2番目での出走となりました。

しかし。。。ここまで大鋸屑まかれてるのはファミラでも見たことありません。
80Rなどは大鋸屑の煙で前が見えません。
しかもレコードラインがほぼ全滅。
しばらくは大体1分14秒くらいのラップタイムです。
もったいない。

結果は、Aチームが総合で2位(ハンデ減算3位)で、Bチームが12位(ハンデ減算13位)でした。
意外と大健闘!!
やはり参加チームの中ではハンデなしのロードスターチームでの構成が一番強いようです。
表彰式では、3位の1マソ円を目指して同率3位のチームとヨシフミさんが一騎打ち!!!!!!!!!
ハイ終了OrL。。。一撃で撃沈されました。
これを軍資金にして美味しいランチを打ち上げに食べるささやかな妄想が打ち砕かれました。

とはいえ、参加者に応援してくれたKeroさん、じょおさんも加わってココスで反省会しました。(人生初ココス)
監督のハンバーグ一気飲みを見たかったのですが、気が付いたときにはすでに飲み干してらっしゃいました。

監督、そして参加者の皆様。また小富士チーム、毒蝮会のみなさまお疲れ様でした。
結構楽しかったので、また来年もRX-8チームで席巻しましょう。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

走り初め2010

1月6日仕事始めの翌日、なぜかTC1000に降り立ちました。
実は1月9日の耐久の日付を間違えて認識していて、会社に休暇申請をしていたのでした。

というわけで急遽耐久の前にTC1000で走り初めと相成りました。
到着したら程なくしてコソ連大王のトストイさんが登場。
平日というのに何という練習熱心。

さて結果は43秒253。。。。。。。
9月に42秒台出せたので、気温が低くなった今回は密かにベスト更新期待していたのですが、うまくいきません。
またアンダー病が。。。。。。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

2010年の目標

2010年の目標を立てる。

1.筑波TC2000を1分7秒00未満
2.筑波TC1000を42秒50未満
3.上記を達成してエイトリアンBBSで両方とも10位以内。
4.袖ヶ浦FRを1分20秒未満

SFRは走るチャンスがあるかわかりませんが、エイトリアンカップはあるはずなのでセットします。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

2009年モータースポーツ総括

2009年は終わってしまいましたが、いまさら2009年の総括をば。

<走行履歴とベストタイム>
TC2000 13走
2008年 1'10"29(RE040 225/45/18) → 2009年 1'07"941(Z1☆225/45/18)
 うちエイトリアンカップで2回、マツダスピードカップで1回、RE-Warsで2回
TC1000 4走 
2008年   45"22(RE040 225/45/18) → 2009年   42"96(Z1☆225/45/18)
 うちエイトリアンカップで1回
袖ヶ浦 1走
2009年  1'22"143(Z1☆225/45/18)
 うちエイトリアンカップで1回
合計  18走

<戦績>
マツダスピードカップ Openロータリー優勝(エントリー1台のみ><)
エイト祭りTC1000 Moreクラス優勝
エイトリアンカップWinterTC2000 Moreクラス準優勝

<目標達成結果>
�225幅のタイヤで筑波TC2000を1分9秒00未満 達成!
�225幅のタイヤで筑波TC1000を43秒50未満  達成!

<2009年導入パーツ>
レボリューションアンダースイープパネル 1月
Bride ZETA� 6月
Direzza Z1StarSpec 225/45/18 6月
RE雨宮バッテリー移設キット 12月

<総括>
実は、2009年は1月末にセミウエットの筑波ファミラでタイヤバリアに突っ込むというクラッシュからスタートしています。
セミウエットで2ヘアの立ち上がりのため、それほどスピードは出ておらず、フレームまで影響は出ていなかったのが不幸中の幸いでしたが、、事故は完全に自分のミスでした。
本当に思い出すだけでも恥ずかしくなるような自分のミスです。
書きたくなかったのですが、自戒のために記しておきます。

直したもの
1.フロントのマツスピエアロを全とっかえ(Yオク入手)
2.フロントアンダーカバーも全とっかえだったので、この際レボのアンダーカバーを装着。
がしかし純正のアンダーカバーも必要だということがわかり結局2重出費。
3.フェンダーインナーパーツ全とっかえ
直さなかったもの
1.フォグランプステーがひん曲がっていたので、この際修理せずに取り外して軽量化&クーリング効果狙い
2.ボンネット先端が幅5センチほどのタワミ
3.左フェンダー衝突時に若干曲がり、たたいて変形のみ修正するも塗装割れ
4.左ヘッドラップの下についているエアロの装着ガイドが破損、これもあきらめてそのまま装着
5.オイルクーラーステー曲がりおよびオイルクーラーたわみ、使用に問題なさそうなので修正のみ
6.後になり油温センサーが機能不全
てな感じであきらめまくって全修理だと50万のところを16万で済ませました。。。。

いきなり幸先の悪いスタートでしたが、その2ヵ月後の2月に純正タイヤで1'09"80というタイムを出す事が出来ました。
このころやっと車に曲がってもらうというイメージをなんとなく掴みかけます。
Z1☆を導入して迎えたエイト祭り(TC1000)では初めてMoreクラス優勝することが出来ました。
マツスピカップでは俺カーは孤高のOpenクラスだったため、ちゃんとライバルが居る中での優勝の感慨はひとしおでした。
9月にはTC1000での目標(43秒50以内)を達成することが出来ました。
11月は本当に珍しい出来立てのサーキット(袖ヶ浦)でエイトリアンカップに参加しました。
筑波の走りこみは通用せず、ライバルとの資質の違いを初サーキットで感じてしまいました。(私はあくまでツクバリアンT T)
しかしここから気温が下がっていくにつれ、TC2000のベストタイムを次々と更新することが出来ます。
11/14 1'09"24 → 11/21 1'08"50 → 12/6 1'07"941
ここでTC2000での目標(1分9秒未満)を達成することが出来ました。
今年最後のイベントエイトリアンカップWinterではMoreクラス準優勝という結果を得ることが出来ました。

年初のクラッシュ以外は出来すぎの結果です。

ヨメレンジャーの冷たい視線と、寂しい懐事情に耐えながらもサーキット走行を楽しくそして真剣に取り組めるのも、ひとえに安易にパワーアップでタイムを稼げず、かつ前後バランスのいいRX-8という車種特性と、とてもマナーのいいワンメイクイベントのエイトリアンカップがあること、そして何よりUDEを競えるライバルがいるからだと思っています。

2010年も引き続きRX-8でサーキットライフを楽しんできますのでよろしくお願いします!!

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク