FC2ブログ

最後のマツスピカップに

懲りずにオープンロータリークラスで参加してきました。

これで3回目です。
結局最後のマツスピだとわかった瞬間に純正触媒を入手する気が失せました。
今回も唯一のオープンロータリー参加者です。

さて参加=優勝候補の私だったわけですが、初めてエイトのMoreクラスと同じ枠での走行です。
これまでは、結構速度差のある車種との同時走行だったのでかなり危険を感じてましたし、クリアラップもほとんど取ることができませんでした。
速いエイト乗りの方々と一緒に走れることで何か発見できるかもしれません。

さらにMoreの方々と一緒に走れる以外に、今回は少し面白い比較が可能です。
前回の岡山で物議を醸した”厳密な?”車検対策のため、皆さん車高を上げてくることが予想されたため、マツスピ足の自分とイコールコンディションに近づくことで、面白いタイム比較ができることになります。

当日は事前の曇り時々雨の予報とはうって変わって、1本目の午前9時の時点で気温34度、2本目の午後1時の時点で気温36度とRX-Raceよりもさらに高い気温です。
自分でもびっくりするくらい汗かきまくりです。

さて結果は。。。。
1本目
1"10.806 (3週目) タイヤ:Z1☆ 225/45/18 冷間220 温間255 気温34℃
2本目
1"10.462 (2週目) タイヤ:Z1☆ 225/45/18 冷間220 温間255 気温36℃
OrL RX-Raceよりもタイム落ちました。。。。。。

いつもなら安定していないUDEのためラップ後半にベストが出るのですが、今回は前半です。
しかもほとんどの上位陣がベストラップが1本目です。
皆さんは1本目から2本目にかけて大体0.5秒から1秒落ちです。
ところが私は、2本目がベストタイム。。。まだまだベストな走りができてないです。

かなり鈍感な私ですが、いわゆる”タイヤのタレ”というものをはっきりと感じました。(ナニソレ?オイシイノ?)
しかもこの間のRX-Raceから感じていたのですが、一度熱が入ってしまうとタレルまでの時間が短くなるように感じます。
やはり上位入賞するにはココゾの一発でタイムを出しにいけるUDEが必要そうです。

RX-8全体での順位は8位/41台でした。
しかし、上位選手と自分の力の差をショックなほど感じました。
8秒台が3台、7秒台(!!)が1台。
こんなコンディションで7秒台(moto+さん)なんて出せる気が1ミリもありません。
さらにもう一台、特筆すべきはLightクラスにもかかわらず8秒台のおおかみさん。
おおかみさんは、上位陣が軒並みR1Rの255~265のタイヤのところ、なんとAD08の235幅です。
しかも、普段はファミラーではなくどちらかというとジムカーな方です。おそロシヤ。

今週末はコース1000でエイトリアンカップです。
不得意なコースなので、今回よりも順位は望めそうにありませんが、楽しめればいいなーと思ってます。

画像は、ヨメレンジャーとチビレンジャーがじゃんけん大会で獲得した戦利品です。
戦利品
スポンサーサイト



テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

7月7日がやってきたRE Wars

世の中は七夕祭りだというのに、マツダユーザーはロータリー祭りで盛り上がりです。

場所は、我がホームコース筑波サーキットコース2000。
RE Wars Rd.2に参加してきました。

REショップが技術と商品を結集したデモカーで速さを競うRE Wars。
これにRX-7とRX-8などロータリーエンジンを搭載したユーザーカーのレースと、走行会も一緒に開催される構成のイベントです。
REWars待機中

最近エイトユーザーは、レース参加者が増加して、エイトの場合レースクラス11台、走行会クラスは3台でした。
そしてレーシングスーツのないボンビーな私は、マイノリティーの走行会クラスでの参加です。
走行会クラスの抽選プレゼントでAD08NEOVAが1台分をひそかに狙っていたのはナイショ。

さて全部で20分を3本という走行会。
気温は29度でクルマも人もかなりの負荷がかかります。

1本目のベストタイムは1'09.937
2本目のベストタイムは1'09.948
3本目のベストタイムは1'10.212 ここで気温が午前中の26度から29度にヒートアップ。

前回のZ1☆デビューファミラよりも若干タイムアップするもやはり純正タイヤのベストタイムを破れず。。。。

Sec1のベストは1本目の28.383
Sec2のベストは2本目の28.780
Sec3のベストは3本目の12.408
仮想ベストは1'09.571

。。。。。。。orL

悲しいポイント。
①セクターのベストタイムはいづれもラップタイムのベストタイムではない。
②気温が上がってきたとはいえ、今までの走行会ではラップタイムは尻上がりだったのに、今回は尻下がり。。。。

相変わらずタイヤの限界を使いきれてません。

そして、、、、AD08もゲットならず。。。。
マツダスピードカップが不安になってしまいました。。。。。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

TC2000でZ1スタースペックサーキットデビュー

初めて自分で購入したタイヤを先日出張タイヤサービスでセットしましたが、7月7日のREWarsも近いので早速皮むきキャンプの1週間後ファミラに行ってきました。

新調したZ1☆の初サーキットです。

しかーし、朝1番の1本目はウエットでした。
ここはDSCオンです。
後半だんだんドライに近づいたのですが、限界を引き出せている感覚がありません。

2本目は完全にドライです。
冷間230からスタートしましたが気温が高いせいもあってか温間290まであがってしまいました。
ベストタイムは終盤に1分10秒14。

エェ?おニューのタイヤなのに純正タイヤのタイムを破れず。。。。。。
うーん。情けない。。。

インプレッションですが、まず噂どおりNeovaと間逆で高めの空気圧のほうがよさそうです。
タイムが出せていないので私の感覚など当てになりません。
ここはこれから適正値を探していかねばなりません。
あと、新品タイヤのポテンシャルの高さを痛感したのが、立ち上がりです。
RE040や、山が少ないNeovaでは、立ち上がりのアクセルオンがかなりきっちり向きが変わってからでないとすぐにオーバーステアがでたのでかなり気を使いました。
一方このタイヤは新品だからかポテンシャルが高いのか、立ち上がりのアクセルをかなり早く入れられます。
見方をかえるとこれまでのタイヤのグリップイメージでブレーキングしているとボトムスピードが低くなりすぎてしまっているのかもしれません。

総じて純正でベストタイムを出したときのように、コーナー入り口から出口までスキール音でている時間が短いです。
タイヤを換えてもすぐに100%のポテンシャルを引き出せるようにならないといけませんな。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

皮むき☆旅行

先日買ったZ1☆ですが、来るRX-Raceに備えて7月4日に筑波のTC2000のファミラで試走するので、それまでに皮むきしようとプチ旅行に行ってきました。
旅行といってもサーキット走行以外の趣味がアウトドアなので、チビレンジャーとヨメレンジャーを連れてキャンプです。

場所は群馬県。
皮むきにはちょうどいい距離です。

噂によると乗り心地は悪いとのZ1☆ですが、鈍感な私にはわかりませんでした。
逆に2部山の○んこタイヤと化していたNeova君より、ゴムの厚みがある分乗り心地は良かったような気がします。

写真はテントを張る前に荷物を降ろしたとこですが、通りすがりの別のキャンパーに
「あんな荷物載るんだー」と呟かれてしまいました。

確かに3名乗車して結構でかいテントを積んでるので、結構イッパイイッパイでした。
キャンプ場とエイト

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク