FC2ブログ

初めてのドライビングスクール

2009年4月10日
これまで独学で走ってきたのですが、タイムアタックシーズンも終わり、スクールに行ってみることにしました。
いくら理論は頭で理解していても、実際にやってる行動は自分のイメージと違っていたりするものです。
以前、自分のスキーの滑りをビデオで撮ってもらってみたときに、ものすごいショックを感じた覚えがあります。
え!!俺ってばこんなみっともなく滑ってたの?みたいな・・・・・

そこではじめてのスクールに選んだのはユイレーシングスクール。
主宰者がアメリカのレース経験者でレーシングスクールのインストラクターも務めていたというトム吉田さん。

富士スピードウェイのジムカーナコースで行われるドライビングワークショップに参加してきました。

当日の参加は7台、通常だったら20数台集まるはずらしいのだが、非常にラッキーだった。
こんな少ない中にもエイトな参加者がいらっしゃった。
以前エイトリアンカップでピットが近くになったことがある黄色いエイトのmicさん。

この参加人数ではスクールとしては赤字だそうなので、ここはひとつほとんど読まれない私のブログで恐縮だが宣伝もかねてインプレッションをば。。。

座学(ビークルダイナミックスと操作と挙動の関係について)
レクタンギュラーオーバルコース走行
真円定常円走行
スレッシュホールドブレーキング練習
イーブンスロットルコーナリング練習
トレイルブレーキング練習
オーバル定常円走行練習
ラップタイム計測

これらをFMラジオで参加者全員がリアルタイムのアドバイスを受けながら走行しますというのがこのスクールのウリです。

このうち極低速のレクタンギュラーオーバルコース走行は、いわゆる交差点直角コーナリングを行うのだが、低速でも前後加重移動を感じ取れるような敏感な体の持ち主でないと、意味合いがいまひとつ体で理解できないかもしれない。

ちなみに私は、鈍感派なのでした。

そこからイーブンスロットルコーナリング練習。
ここでクルマがもっとも旋回グリップを発揮する「加速も減速もしない状態」を作り出すスロットルコントロールを練習します。
ステアリングをきることで抵抗が生まれるので、実はこれが結構難しい。
これを意識しないでコーナリングを行うと、旋回中に必要以上にスピードが落ちてしまうという、無駄なことが起こってしまいます。

限界じゃない速度域でもキープするのは難しい。

その後アンダーステアを出さないようにオーバルコースを練習走行。
黄色いエイトの方と同時コースインし、私のエイトをトムさんが運転して追いかけっこするという同乗走行もやってもらった。

そのときトムさんの口から出てきた衝撃のコメント
「このクルマ立ち上がりちょっと遅いかも。。。。。。」。。。。。。。OrL
がーん(T T)
げ!!パワーないの?俺のクルマパワーないの?
これまでも、パンドラの箱を開けるのが怖くてシャシダイとか乗らないようにしてたけど、事実を知ってしまうのが怖くて決してパワー計測しないことにこのとき心に決めました。

その空気を察したのかトムさんは「うー、LSDの効きカナー?」と若干フォロー。
いずれにしても気にしてもどうしようもないので、落ち込まないように脳内スルーすることにしました。

同乗走行後オーバルに慣れてきたところで、タイム計測。
黄色いエイトの方は14.7秒(だったような・・)。
私は15秒
がベストタイムだった。
筑波のタイムに換算すると1.4秒くらいのタイム差になってしまう。

まだまだ修行が足らんですな。

でも。想像以上にオーバルは奥が深くて練習になる。
何せ、フルスロットル→ブレーキ→コーナリング→立ち上がりを15秒の間に2回もやるんだから、かなりの反復練習です。
しかも同じ曲率を何度も曲がるので、少しずつやり方を変えながらいろいろと試すことができるのが良い。

指摘を受けたけど直せなかった反省点は、ブレーキングが雑だということ。
某雑誌などでセオリーとされている、空走距離を短くガツっとブレーキングみたいなことをずっと意識しながらやってきたので、なかなか癖が抜けない。

私のエイトの足は、マツダスピードなので割りとやわらかい。
したがって本来は、コーナー飛び込み前にアクセルを抜き、エンブレとスプリングの力で前傾姿勢になるのにあわせてスムーズにブレーキングするイメージが吉のようだ。

タイムを縮めたいと意識が働くほどあわててしまう動作の部分なので今後もここの意識をコントロールするのは課題になるでしょう。

さてスクールの最後の総括ですが、個人的にはレクタンギュラーオーバルの練習を省いてでも、スレッシュホールドブレーキングの練習がしたかった。

実は今回はこのカリキュラムが省略されている。
反省点の雑なブレーキングも、この練習で「ガッツンブレーキ」よりも、前後姿勢移行にあわせたブレーキングのほうがタイム的にも安定性もずっといいという実例が体で納得できれば少しは変わっていたかもしれない。

もう一点はFMラジオのアドバイス。
簡単に言うともっと怒られたかった。
自分でアンダーステアを出さずにうまく回れているのか回れていないのかが、鈍感な私は客観的には把握し切れていません。
アンダー出してたら毎回「コラ!」ぐらいの指摘を期待していたりもしました。

でも総じてためになりました。
いつかオーバルレースにも参加してみようかなと思える内容だったと思います。


スポンサーサイト



テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク