FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキが逝った・・・・・・

マツダスピードカップの日、もうひとつの事件があった。
2ヒート目のラスト2周あたりで、ブレーキがなんだかおかしくなった。
確かに少し前からすこーし耳障りなキーキー音が鳴っていた。
このマツダスピードカップを最後にブレーキパッドの交換をする予定でもあった。

今考えれば命にかかわる保安部品なのだから、変えて置くべきだったと後悔している。

その最後の1周の第1コーナー。
背筋が凍るほどのブレーキ効かない現象がMyエイトに襲い掛かる。

ペースを落としてピットインするがブレーキを踏むたびに砂がかんでいるようなざらざらした感覚がペダルから伝わってくる。
逝った。逝ってしまった。俺のパッドが。。。。。。
予備パッドも持ってないし、イベント終了は夕方。
パッド交換は交換できるところはなさそうだ。
しかもどうせ入れるならきちんと選んだスポーツパッドを入れたい。
何とかして家まで帰り日を改めてパッド交換することにした。

家までの80キロ効かないブレーキをほとんど使わず、超安全運転&ヒールアンドトゥーの技術を駆使し、最終停止にはサイドブレーキを引いて何とか帰宅した。

帰ってみてガーン!!!!
ブレーキディスクに見事なまでの無数のスジが!!!
ブレーキディスクも逝きました。。。。。。。

マツスピカップの前にパッドを交換していれば、こんなことにはならなかった。。。。。。
前後ブレーキパッド交換および前のブレーキディスクの交換となってしまい、かなり痛い出費となってしまった。。。。。。
スポンサーサイト

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

サーキット11回目(マツダスピードカップ)

前日のファミリーライセンスから一夜明けて2008年7月27日、ついにマツダスピードカップの当日となった。
何しろはじめてのイベント。
平静を保ちたいところだが、つい自己ベスト更新→筑波シングラーの仲間入り、を晴れ舞台で果たそうと、無駄なイメージばかりが膨らんで、力が入ってしまう。

ここでびっくりなのだが、My8は現在触媒がレボリュー○ョンのものなのだが、マツダスピードカップは触媒変更が不可のため、今回の出場枠は”Openロータリー”扱いになる。
なんとOpenロータリー出場のRX-8は俺一人。。。。。。
プレマシーやランティス様たちと同じ枠で走行することになる。
実はRX-8の早い人たちの走行ラインを盗もうというひそかな計画があったため少し残念だった。

一本目、1分11秒998。。。。がーん、昨日の失意のファミラ走行よりもタイムが悪いではないか!!
まずい、これはまずい。。。。

二本目、1周目にウォームアップを終えてまだ、タイヤが温まっていないなどの不安もあったが、先頭でのコースインだったため、夏場ということもあり最初の数周が勝負だと踏んだ俺は、2周目にアタックを開始すべく、1周目の最終コーナーからアクセルにムチを入れる。
と思った瞬間最終コーナーのクリップを越えたところで路面のうねりを拾ったか、一瞬リアの加重が抜けてブレイク!
何とか修正しようとたこ踊りを繰り広げ、ついにはアウト側から一気にピットウォール側に巻き込み始めた。
あきらめてフルブレーキング、真横になってスライドしながら迫り来るピットウォール!!!スタートラインを超えて、チェッカースタンドの真下で止まった。
おそらくピットウォールまであと1mくらいしかなかったのではないか。(何しろコースに復帰するのにいったんバックしないと周回方向に方向修正できなかったほど)

アブナイアブナイ

そんなこんなで2本目のベストタイムは1分11秒737・・・・・・・・TT)

Openロータリーの出場者は自分ひとりだったため見事?優勝することはできたが、ほかのRX-8のタイムの足元にも及んでいないので表彰を受けるも恥ずかしい思いでいっぱいになってしまった。

筑波シングラーになる前に早くも伸び悩みの壁にぶち当たってしまい、先行きに暗い影が落ちてしまったのであった。。。。。。。。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。