FC2ブログ

サーキット10回目(マツダスピードカップ前日)

2008年7月26日。
ついに明日マツダスピードカップだ。
初めてのマツダ公式イベントへの参加だ。

絶対9秒台を出してデビューしてやる!との気合のもとに純正に戻していたタイヤを再びNeova に履き替えた。

結果は・・・・1’11”29・・・・・Neova初走行で10秒台は幻だったのか!!!!!!?

あーあ。ホテルで明日に備えてフテ寝することにする。
スポンサーサイト



テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

サーキット9回目(TC1000初走行&DSC初オフ)

6月27日ついに平日休み(誕生日休暇)を取ってファミリーライセンスに向かう。
タイムアップのためにいつか超えなければ成らないDSCOffドライビングの練習のため多少安全マージンの高い筑波サーキットコース1000を走るためである。

理由は3つ
・タイムアタックシーズンの冬になる前にDSCOffでも走れるスキルを身に付けるため。
・DSCをOffにすることでタイムアップするのではないかという淡い期待。
・7月にあるマツダスピードカップデビュー戦で華々しくシングル入りを果たすため。

そこで安全マージンが大きくと速度域の低いコース1000を走ることによって安全にマスターしたいというのが魂胆である。
しかもこの日TC2000のファミリーライセンスも1枠とっており、1000で試したDSCOff走行の感覚をすぐに試してみるという、自分にしてはやけに計画的なDSCOff化プランである。

TC1000は事前にWebで予約が取れないということもあり、何本走ることができるのか非常に不安だったが、平日ということもあってかガラガラだった。
俺にとっては走行台数が少ないことは更に安全マージンが広がるので願ってもないことだ。

結局この日のコース1000の走行本数は3本。
記念すべきファーストアタックのタイムは。。。。
47"57(RE040&DSCon)
1本あたり20周ほどできるのだが、ベストタイムはちょうど10周目あたりの45"89だった。
後はコンスタントに46秒台だった。

さてこの日2本目のTC1000。
3周目からついにDSCOff。
ジムカーナではDSCOffにしていたが、サーキットともなると速度も高いし、コースに幅があるのでコースアウトしたらとおもう恐怖心がジムカーナとはわけが違っていた。
しかしそんなに気をつけていながら。。。。。いきなりの1コーナー進入でのスピン!!
中速で進入してコーナリング時間が長く途中でRがきつくなるので、進入後コーナリング中にスピンしてしまうのだ。
派手なスピンはこの後更に2回。走行車両が少なくてよかった。
DSCOnとは違い、Offだとタイムにばらつきがでまくり、やはり修行が必要だと感じる。
しかし何とか1本目のDSCOffのベストタイムを更新45”45をマークした。
そして3本目は更にタイムアップの45”22。
1本目に45秒台は1回。2本目は3回。3本目には11回と、コースへの慣れとDSCOffへの慣れの相乗効果でタイムアップと、ドライビングの安定化は図れたようだ。

そして緊張のTC2000DSCOff初走行。

OrL。。。。。。1’11”61でした。。。。。。。
RE040ベストの1’11”47を超えられず。。。。。。。
ついにNeovaだけでなくRE040でも頭打ちか・・・・・・

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク