FC2ブログ

初めてのドライビングスクール

2009年4月10日
これまで独学で走ってきたのですが、タイムアタックシーズンも終わり、スクールに行ってみることにしました。
いくら理論は頭で理解していても、実際にやってる行動は自分のイメージと違っていたりするものです。
以前、自分のスキーの滑りをビデオで撮ってもらってみたときに、ものすごいショックを感じた覚えがあります。
え!!俺ってばこんなみっともなく滑ってたの?みたいな・・・・・

そこではじめてのスクールに選んだのはユイレーシングスクール。
主宰者がアメリカのレース経験者でレーシングスクールのインストラクターも務めていたというトム吉田さん。

富士スピードウェイのジムカーナコースで行われるドライビングワークショップに参加してきました。

当日の参加は7台、通常だったら20数台集まるはずらしいのだが、非常にラッキーだった。
こんな少ない中にもエイトな参加者がいらっしゃった。
以前エイトリアンカップでピットが近くになったことがある黄色いエイトのmicさん。

この参加人数ではスクールとしては赤字だそうなので、ここはひとつほとんど読まれない私のブログで恐縮だが宣伝もかねてインプレッションをば。。。

座学(ビークルダイナミックスと操作と挙動の関係について)
レクタンギュラーオーバルコース走行
真円定常円走行
スレッシュホールドブレーキング練習
イーブンスロットルコーナリング練習
トレイルブレーキング練習
オーバル定常円走行練習
ラップタイム計測

これらをFMラジオで参加者全員がリアルタイムのアドバイスを受けながら走行しますというのがこのスクールのウリです。

このうち極低速のレクタンギュラーオーバルコース走行は、いわゆる交差点直角コーナリングを行うのだが、低速でも前後加重移動を感じ取れるような敏感な体の持ち主でないと、意味合いがいまひとつ体で理解できないかもしれない。

ちなみに私は、鈍感派なのでした。

そこからイーブンスロットルコーナリング練習。
ここでクルマがもっとも旋回グリップを発揮する「加速も減速もしない状態」を作り出すスロットルコントロールを練習します。
ステアリングをきることで抵抗が生まれるので、実はこれが結構難しい。
これを意識しないでコーナリングを行うと、旋回中に必要以上にスピードが落ちてしまうという、無駄なことが起こってしまいます。

限界じゃない速度域でもキープするのは難しい。

その後アンダーステアを出さないようにオーバルコースを練習走行。
黄色いエイトの方と同時コースインし、私のエイトをトムさんが運転して追いかけっこするという同乗走行もやってもらった。

そのときトムさんの口から出てきた衝撃のコメント
「このクルマ立ち上がりちょっと遅いかも。。。。。。」。。。。。。。OrL
がーん(T T)
げ!!パワーないの?俺のクルマパワーないの?
これまでも、パンドラの箱を開けるのが怖くてシャシダイとか乗らないようにしてたけど、事実を知ってしまうのが怖くて決してパワー計測しないことにこのとき心に決めました。

その空気を察したのかトムさんは「うー、LSDの効きカナー?」と若干フォロー。
いずれにしても気にしてもどうしようもないので、落ち込まないように脳内スルーすることにしました。

同乗走行後オーバルに慣れてきたところで、タイム計測。
黄色いエイトの方は14.7秒(だったような・・)。
私は15秒
がベストタイムだった。
筑波のタイムに換算すると1.4秒くらいのタイム差になってしまう。

まだまだ修行が足らんですな。

でも。想像以上にオーバルは奥が深くて練習になる。
何せ、フルスロットル→ブレーキ→コーナリング→立ち上がりを15秒の間に2回もやるんだから、かなりの反復練習です。
しかも同じ曲率を何度も曲がるので、少しずつやり方を変えながらいろいろと試すことができるのが良い。

指摘を受けたけど直せなかった反省点は、ブレーキングが雑だということ。
某雑誌などでセオリーとされている、空走距離を短くガツっとブレーキングみたいなことをずっと意識しながらやってきたので、なかなか癖が抜けない。

私のエイトの足は、マツダスピードなので割りとやわらかい。
したがって本来は、コーナー飛び込み前にアクセルを抜き、エンブレとスプリングの力で前傾姿勢になるのにあわせてスムーズにブレーキングするイメージが吉のようだ。

タイムを縮めたいと意識が働くほどあわててしまう動作の部分なので今後もここの意識をコントロールするのは課題になるでしょう。

さてスクールの最後の総括ですが、個人的にはレクタンギュラーオーバルの練習を省いてでも、スレッシュホールドブレーキングの練習がしたかった。

実は今回はこのカリキュラムが省略されている。
反省点の雑なブレーキングも、この練習で「ガッツンブレーキ」よりも、前後姿勢移行にあわせたブレーキングのほうがタイム的にも安定性もずっといいという実例が体で納得できれば少しは変わっていたかもしれない。

もう一点はFMラジオのアドバイス。
簡単に言うともっと怒られたかった。
自分でアンダーステアを出さずにうまく回れているのか回れていないのかが、鈍感な私は客観的には把握し切れていません。
アンダー出してたら毎回「コラ!」ぐらいの指摘を期待していたりもしました。

でも総じてためになりました。
いつかオーバルレースにも参加してみようかなと思える内容だったと思います。


スポンサーサイト



テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

ジムカーナ7回目

2007年11月15日

今回はいつものジムカーナとは違う。
なぜなら、筑波サーキットのジムカーナ上ではないからである。
そしてもうひとつ理由があるのだがまた後ほど。

一度は行ってみたかった富士スピードウェイ。
ここが今回のジムカーナの練習会場だ。

憧れのF1開催サーキットのFISCOだが、なかなか参加ができないのが悲しい。
なぜかというと、週末開催の練習会がほとんどないのだ。
人気サーキットのためなのか、これはかなり痛い。
そうそう休みばかりとってはいられないのだ。

今回は一念発起して、わざわざ休みを取った。
なぜなら、ジムカーナメインのモータースポーツへの参加は今回が最後になるからだ。
納車されてから約半年当初の計画通り俺は、筑波TC2000のタイムアタッカーになる決意を固めたのだ。
もちろん気晴らしや、技術向上のために今後もジムカーナをすることはあるとは思うが、実質筑波のファミリーライセンスを取っていながら大事な週末を別の走行会に出るのもなかなかMOTTAINAI訳で・・・・

というわけで来れなくなる前に、ファミリーライセンスデビュー前の最後のジムカーナをFISCOでTryすることにした。

最初のジムカーナ以来ヨメレンジャーとチビレンジャーも応援に来てくれていなかったが、今回は「せっかく平日休み取るんだから、快適ドライブに行こうや!」と無理繰り連れ出してきた。
フフフ。これで撮影者を確保した。
やはりとってもらって後で見直すのは勉強になるのだ。

さて今回は○レージTTというところ。
このジムカーナ場、土手に囲まれていてコースアウトするとかなりコワそうなのだがかなり広い。
そしてコースセッティングが良く考えられていて、なんと午前中は3本のコースが用意されていた。
基本①中速コース  パイロン5本
基本②中速スラローム パイロン6本
基本③低速サイドターン7連発タコツボ付き パイロン9本

俺のようにマシンコントロールがおぼつかない人間にとっては、こういった単純なコースレイアウトで反復練習するのが非常にありがたい。
マシンの挙動を単純につかむにはかなり最適のコースレイアウトだ。

そして午後は、パイロン7本のコースでタイムアタック。
大体54秒くらいのコースだ。
もちろん速い人は40秒台だが。。。。

これもまた面白かったのが、このコースレイアウトの奥に、パイロン4本のフリー練習場が設定されていたのだ。
初めて定常円回転を行うことができた。
まあ、きちんとしたスクールではなく自己流で練習したので、効率よかったかどうかはわからないが、これまでなかなか踏み込めなかったアンダーステアが起こる速度域でのコーナリング練習ができたのではないかと収穫が得られた。

最後のほうにやったので、もっとこればっかり練習しておけばとちょっと後悔してみたり。。。。

でも、最後のそして初のFISCOでのジムカーナはかなりの収穫なのであった。




テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

ジムカーナ6回目

ジムカーナ6回目

4回目のジムカーナ練習会の際に、会えなかったRX-8のジムカーナ選手○北さんのエイトに同乗すべく、今回懲りずにオベ練に参加した。

午前中はコースを2つに分け、中速コースと、低速コースの練習ができ午後は、タイムアタックというもの。
本数タイムとも忘れますた。。。
相変わらずサイドターンが不得意で、中速コーナーばかりを練習する俺。
午後のタイム計測コースでは始めての”タコツボ”を経験。
”タコツボ”とは、2つのパイロンの間を通って、同じパイロンを完全通過してからUターンしてくぐりなおすというもの。
テクニックに差が出る部分であり、苦手とするドライバーも多々いるらしい。

今回のコースは、2本のパイロンを裏側から回り込んでパイロン通過して再度パイロン脱出というなかなか説明しづらいコースだった。
  ←←←←←←
 ↓      ←
 ↓   ○ ↓ ↑ ○
  →→→→→→
        ↓
こんな感じ。
進入で一度180度くらいサイドターンして、タコツボに進入後、360度ターンって感じだ。
最初のターン後タコツボに入るまでにある程度の速度を稼がないとタコツボ内で360度ターンしきれないという難しさがある。。。
スムーズにできたのは1回だけ。
まだまだやなーと、思ったが、よく考えたらサーキット走行では使わない技だ。。。。
何をなやんどるねんと思いつつ、できないと悔しいから気にしてしまうのだ。

この日は念願の○北選手のRX-8に初めて同乗。
改造範囲が限られているにもかかわらず、同じ車なのかと疑うばかりのダイレクト感がある。
もちろんドライバーのUDEによるものだが、仕様上の違いも伺うことができた。
エンジンマウントや、サスペンションなどブッシュを硬く(メタル?)してあるのが大きな違いでもあるらしい。

○北選手はミッションの乗せ換えなどもコースに併せて行うらしく、整備もかなり大掛かりにやっている様子。
エンジンルームがかなりきれいだった。

どこかで、汚い車で速い車はいないということを聞いたことがある。
ちょっと当てはまってるなと実感。

ちなみに○北選手のRX-8は全体が○ートバックスのカラーリングなのだが、ペイントではなくカッティングシートであった!!!
驚いた、なんと元の色は俺と同じウイニングブルーメタリックだった。
職人芸の域だなと感心してしまった。。。。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

ジムカーナ5回目

2007年9月15日

チームクレ○ーレーシングの、「スカッと楽しい」ジムカーナ練習会に参加。

やはり筑波。
かなり名の知れた主催者でいつか参加することになるとは思っていた。

コースセッティングは、珍しく境界パイロンが置いてある。
前半は中速でスピードに乗った走りができ、境界パイロンを過ぎてからはサイドターン使用の低速セッティングだ。

これまた車の挙動を学ぶにはもってこいだった。

走れた本数11本。
一本あたり1:14~15くらいだったのでお得だったといえよう。





テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク

ジムカーナ4回目

2007年8月19日

来るべきホームサーキットとなる筑波で開催のオベリスク練習会だ。
なんて筑波が好きなんだオレ。

このオベリスク(略してオベ練というらしい)、かなり実践を意識した練習で、午前中はコースを二つに分け中速パイロンセッティングと、低速ターンしまくりパイロンセッティングとに分かれており、午後にフルコースでタイムアタックである。

サーキットデビューを意識してジムカーナをやっているおっさんとしては、もちろんメインは中速セッティングのコースを中心に練習だ。
がしかし、、、、実のところは、低速セッティングはサイドターンが使いこなせない私にとって恥ずかしくて走れないというのが本音なのはナイショ。。

さてこのオベ練、実は他にも特徴的なポイントがある。
この練習会は、RX-8でジムカーナに参戦している○北さんが主催者のスタッフで参加していらっしゃるということ。

ぜひトップクラスのドライバーのRX-8に同乗したいところだったが、残念ながら今回はお仕事の都合でいらっしゃならかった。。。。。残念。

ちなみに、、、、、
午後のタイムアタックは一本目2:23:272、2本目1:58:053、3本目1:50:123だった。
FR最速だとRX-7の1:33:087。。。。まだまだ程遠いなー。

テーマ : 自動車・バイク関連ニュース - ジャンル : 車・バイク